「目には目を」では、世界を盲目にするだけだ

「目には目を」では、世界を盲目にするだけだ

マハトマ・ガンディーの言葉です

ありがとうをお返しする

ありがとうの流通は

素晴らしいことだと思うのですが

「目には目を」という言葉の印象は

倍返しだという

ドラマのセリフも流行ったように

怒り、嫉妬、恨みなど

お返しをするとよくないものを

お返しすることが

一般的なのかも知れません

怒り、嫉妬、恨みなどの流通の話より

ありがとうの流通や感謝の流通の話が

日常的に聞きたいものですが

よく耳にするのは

あまり聞きたくない話です

不快な感情を自らを発信源として

世の中に流通させることは

なんの鍛錬もいらず

また誰にでもできることですが

そんな誰にでもできることを

いつまでもやり続けていても

仕方がありませんので

その行為の未熟さに気づいた人から

己を謙虚に省みて

まずは自分のまわりから

いい流通を起こしていきたいものです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    ありがとうの流通ってイイですね。
    愚痴や文句の流通は皆んなやっている事なので
    そうでない物を流通させたいものですね。
    本日もありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。