あなたが転んでしまったことに関心はない そこから立ち上がることに関心があるのだ 

あなたが転んでしまったことに関心はない

そこから立ち上がることに関心があるのだ

エイブラハム・リンカーンの言葉です

世の多くの人は

誰かが転んでしまったことに

関心があるものかもしれません

失敗した人をみんなで責めている光景を見ると

そのように感じます

誰に聞いても

偉くなれと言われる世の中です

バカ道を歩く者は、バカがいいんだよと

そんな世の中に逆行するバカ者ですので

誰かが転んでしまったことに興味はありません

そんなどうでもいいことより

そこからどう学び、どう歩き出すのかに

興味があるわけであり

自分も失敗をしながら歩いてきたバカですので

ついそのように自然に考えてしまうのですが

今の世の多くの人は

再び歩き出す選択までも奪っていると

思うわけですし

賢者とはそういうものなのかと

己のバカさ加減にあきれているわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

全ての人が穏やかでありますように

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。