あらゆる新たな欲望は 新たな欠乏の始まりであり 新たな悲しみの始まりである

あらゆる新たな欲望は

新たな欠乏の始まりであり

新たな悲しみの始まりである

ヴォルテールの言葉です

欲があるのが人間であるし

欲がなければ生きてもいけませんが

欲にとらわれすぎて執着してしまうと

そのことばかり考えてしまうようになり

それに加え

なかなか思うようにならないのが

世の法則であるわけですから

結局、欲にとらわれることで

苦しみが始まるわけです

新しく何かにとらわれてしまうと

今までにはなかった

新しい苦しみを創造します

またそれを手にしたら手にしたで

手にした何かを失いたくないという

欲望を新たに創造し

またひとつ、またひとつと

苦しみが増殖していきます

多くの人は手に入れることで満足を得て

その苦しみから逃れようとするのですが

新たに得ようとするその思考習慣が

苦しみを増やしていることに

気づいてないわけですから

ひとつふたつ手にしたところで

思考を変えないかぎり

追いつくわけもなく

また心の渇きもいつまでも癒えず

永遠に苦しみから逃れることは

できないわけです

今持っているものに目を向け、感謝し

今に集中し生きる

たったそれだけで

欲があっても欲にとらわれることは

少なくなるのですが

多くの人はその真理を知らず

また知ろうともせず

また知っても行動しないのが現状です

今幸せでない、充実していないという人に

共通しているのは

今持っているものに目を向けず

常に何かを欲しい欲しいと願いながら

人生を歩いているという思考習慣です

心の渇きにうんざりしたのであれば

うんざりしない人生に相応しい

思考習慣を持たねば

永遠に渇きを癒せることはないわけですが

それに気づいた人から

穏やかな人たちばかりがいる

向こう岸に渡っていくことができるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。