お金は幸せになるための手段かもしれないけど それが目的になっちゃったら これはもう不幸だね

お金は幸せになるための

手段かもしれないけど

それが目的になっちゃったら

これはもう不幸だね

池田晶子さんの言葉です

お金だけではなく物質的なものに

言葉を変えてももいいのですが

いずれにしても今日の言葉のように

そうなるとこれはもう不幸です

なぜ不幸なのか

それは目的にしているものに

人生を支配されてしまうからです

そしてその目的としているものを手にしても

そこで幸せになって終わりでははなく

第二、第三の目的を探します

そのようなプログラムが変わらない限り

人はプログラムに従うことを

やめることはできないので

お金を得たいと行動し続けるループからは

抜け出すことはできません

このように考えてみると

お金を目的とすることが原因なのではなく

お金が幸せの手段ではなく

目的として考えてしまう思考が

根本的な問題であるわけですから

そこを変化させない限り

お金を求めて幸せになれるという思考も

変わることはないわけです

お金を求めていれば幸せになれると

信じ切って生きている人には

関係のないことですが

それでは幸せになれないかもと

思いはじめた人であるなら

自分が見えてない世界を見て

知らないことを知っている人から

いろいろ話を聞いてみればいいと思います

この場合でいえば

幸せとは何かををきちんと知っている人で

最初はそうでなかったけれど

そこに向かって歩いていった結果

現在、幸せな人であるということです

自分が全く知らない

見えていない世界の話を聞くわけですから

もしかすると最初は

全く理解ができないということも

あるかもしれませんが

聞いているうちにだんだんと

想像ができるようになるでしょう

ですが、最初はいきなり高いお金を出して

話を聞いたりするのではなく

リスクの少ない選択をして

しかも少し距離を取りながら

話を聞いてみればいいと思います

例えば心地よさそうな話では

話が想像できるうえに心地いいのですから

自分の知らない世界の話ではなく

見えていない世界の話ではないので

あまり変化が起こることもありません

そう考えると

今までの自分が少し違和感を感じる程度で

ちょうどいいかもしれませんが

聞いた後の感覚こそ

大事にしてもらいたいと思います

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。