かつて、イノベーションはどうやってできるかという質問に ジョブズは「人次第だ」と答えていた。

かつて、イノベーションはどうやってできるかという質問に、

ジョブズは「人次第だ」と答えていた。

「アップルは、世界で一番いいものをつくりたくてうずうずしている人間を雇うのだ。アップルを見てもらえば、働きぶりに卒倒すると思う。夜はもちろん、週末も働き詰めで、しばらくは家族の顔も満足に見ることができない。工場の機械がちゃんと動いているかどうかを確かめるためクリスマスも返上する社員もいる。そんな社員が世界の片隅で働いているから、アップルはあれほどの製品を世に送り出すことができるのだ」

先行き不透明な現在にあっては、

「ジョブズが引き留めるほどの人材になる」くらいの目標を持っていい。

スティーブ・ジョブズ 神の遺言 桑原晃弥著

「わたしは何のために、この仕事をしているのか?」

と、考えてみたことが、一度や二度あるのではないでしょうか?

生活のための仕事より、

好きだからこの仕事をしている方が、

いいに決まっている感じがしますし

実際に幸せだと思います。

人間とは不思議なもので

というよりわたしのことですが・・・

不自由がなければ努力をあまりしません。

わたしは以前、音楽をやりたいと18で上京し、

アルバイトをたくさんやりましたが、

それは間違いなく全て生活のためでしたし、

実際、生活が優先で、音楽をやるまで1年かかりました。

ですが今思うと、その時に経験したたくさんの職種や人間関係が

今間違いなく自分の肥やしになっています。

いや、自分の肥やしというより、人生の肥やしでしょうか。

人生の肥やしとは、そのおかげで進む場所を見つけることができた

という意味ですが、

今、もしみなさんが生活の為に仕事をしていると思うのなら

わたしと同じことで、好きな仕事を見つけるための、肥やしになっていると思うわけです。

みなさんのイノベーション、いわゆる人生の技術革新は

もうすぐそこまで来ているかもしれません。


人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。