このところずっと 私は生き方を学んでいるつもりだったが 最初からずっと死に方を学んでいたのだ

このところずっと

私は生き方を学んでいるつもりだったが

最初からずっと死に方を学んでいたのだ

レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉です

日々の生活の中で

いろんなことが起き

いろんなことに悩むでしょうが

悩むことがない

私のようなバカはさておき

どうすればいいか

わからなくなったときにする

ひとつの考え方が

命が尽きる瞬間に

どうすればいい人生だったと思えるかです

出した答えが正しいのか

間違っているのかという

小さなことは全く関係ありません

正しい、間違っているということも

大事なことですが

生きていれば間違うのが人間であり

間違えて成長していくのが

人間というものだからです

そんなことより

その時に後悔がないか

精一杯生きているか

それこそが重要な問題であり

そういう生き方を積み重ねていくことが

いい人生につながるわけです

そのように考えてみると

いい人生を生きることが

いい死に方につながるわけですから

何をして、何をやらなければ

いい死に方につながるかと考えていれば

自動的にいい人生につながるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。