これを知るをこれを知ると為し 知らざるを知らざると為せ

これを知るをこれを知ると為し

知らざるを知らざると為せ

孔子(論語)の言葉です

知っている事は知っていると知り

知らない事は知らないと知ること

これが本当に知るということである

という意味になります

以前書いた鷲田清一さんの言葉と

同じ意味のような言葉であり

ソクラテスの無知の知、不知の知にも

通じる言葉です

自分がわかっていないことがわかるということが一番賢いんです 

先人が多くの知恵を

私たちに伝えてくれています

知ってるつもりと知っているは違い

知っているとできるは、また違います

知識というものは「できる」まで昇華させて

はじめて学びが完了するものだと

私は考えていますが

知っているという人で

本当に知っている人は少なく

知らないことを知らないと

きちんと言える人も

少ないのではないでしょうか

今知っているという人であっても

以前は知らなかったわけです

知らないということを自覚し

また、知ることとできるということは

違うということを自覚して

本当に知ることができるまで

精進し積み上げてきたわけです

ですので誰しもスタートは

知らないということを自覚することから

始まっているわけです

薄っぺらい知識ではなく

きちんと知る、本物になるという道は

全て知らないという謙虚な心から始まり

知らないという覚悟から

始まっていくわけですから

謙虚さと覚悟を人生の友とすることは

充実した人生を歩むうえで

とても大事なことであると思うわけですし

常にそのように生きていきたいと思うわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。