とにかく創ることだ たとえそれがひどいものでも創り続けろ きっとすぐにグレートになれるさ

とにかく創ることだ

たとえそれがひどいものでも創り続けろ

きっとすぐにグレートになれるさ

ニール・ヤングの言葉です

成長とは螺旋的にしていくものです

簡単に言えば

努力しただけ確実に上がっているのは

事実なのですが

1段、2段登ったぐらいでは

まるで螺旋階段を登っているように

見える景色はほとんど変わらないので

不安になり、やる気や希望を失い

途中で挫折してしまったりするわけです

世の中の法則は縁起です

ですから結果を「確実に」コントロールすることは

誰にもできません

それがこの世の虚しく、切ないところなのですが

逆に言えば

結果を信じてチャレンジし続けることは

我々にはできるわけですし

未来を変えるにはそれしかないわけです

もう無理、ダメだと思うことは

誰にでもあることです

事実、私もたくさんの挫折を積み上げてきました

だけど、幾度となく叩きのめされても

ふりだしに戻っても

積み上げたものが全てなくなっても

やり続けたから今があるのです

今まさに、もうダメだ、無理だと

思っている人もいると思います

でもひょっとすると

自分には見えてないだけで

もう一度チャレンジすれば

何かが変わる手前かも知れませんし

次はあなたの力で

ドアを開けることができるかもしれません

答えなど今は求める必要はありません

それに答えは行動した先で

見えてくるものも多いのです

せっかく登った階段から

一気に転げ落ちたとしても

それでいいじゃありませんか

その後の景色は

なかなか見れるものではありませんし

まわりの人を見渡して見ればわかることですが

その景色を知っているだけで

相当な強みです

どんな経験でも

学びに変わり、強さに変わり

人間的魅力に変えることができます

そして買わない宝くじは当たらないように

行動すれば未来を引き寄せる確率も

上がるわけですから

不細工だとしても

気にせずやり続けることです

人はガツンとやられなければ

本当に学べないし成長しないものです

だから耳触りのいいこと「ばかり」を

話す人たちの言葉を

真剣に受け取ってはいけません

そういう人たちは

それによって

人がどれだけ成長できるかを知らないから

そんな言葉「だけ」しか言わないのです

もしガツンとやられたら

それは人間的魅力を上げるためにやってきた

千載一遇のチャンスです

天に感謝して受け取ればいいだけですし

未来の階段も確実に1段上がります

だからドアは叩き続けていればいいのです

ドアを叩き続けていれば

今日の言葉のように

いつかきっとグレートな景色を

見ることができるはずです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    螺旋の階段って言うのは何事もそうなのかも
    知れません。
    日々の変化と言うのは自分自身では
    意外に分かりにくいものです。
    でも、ある時に気付いたら…、
    という事が多いのかもしれません。

    人間的成長にしても、自分では
    昨日と今日では違いが分かりません。
    しかし、半年単位で考えると
    大きく変わっていることに気付きます。
    変わるきっかけ、と言うものが
    それぞれにあるのですが、
    それにより動機付けが明確になっているのかも
    知れないです。

    今後もドアを叩き続けたいと思います。
    そして、新しい景色を見たいと思います。
    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。