もっとも偉大な人々は 人に知られることなく死んでいった

もっとも偉大な人々は

人に知られることなく死んでいった

人々が知るブッダやキリストは

第二流の英雄なのだ

ロマン・ロランの言葉です

釈迦やキリストや

ソクラテス、プラトン、老子、荘子など

多くの偉大な先人たちの残した

「人間はどう生きるべきか」という

問いに対する哲学のおかげで

私たちは生きることに対して

指針や知恵を得ることができます

釈迦もキリストも今より当時の方が

知名度はなかったと思いますし

現在評価されている多くの著名な方の中にも

生きているときには

全く評価されていない人もいます

ですので偉大な先人たちは

自分の成せることをただ冒頓に

行動しただけではなかったかと思います

例えば自分の成せることをして

その功績を「自ら」誇る人がいるのなら

その人はその功績を見ているからであり

ただ自分が成せることだけに

集中しているのであれば

問題は功績ではなく

きちんと成せたかどうかであると思います

ですので自分と偉大な先人を

比べるわけではないのですが

今日の言葉にあるように

偉大な先人に倣い、功績を気にすることなく

ただ自分が成せることを

冒頓に積み上げていくような生き方を

していきたいと思うわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。