よくわかっているのに 心にかかってはなれないことがある

よくわかっているのに

心にかかってはなれないことがある

本を読んでいても うわさ話を聞いていても

テレビを見ていても 夜中に目をさましても

そのことを考えている

いくら考えても 自分の力や知恵では

どうにもならないことを よくわかっているのに

水野源三さんの詩です。

わたしの場合は、人と比べて優秀なので

自分で考えればできる、わかると思っていますから、

心にかかってはなれないことを常に考え

本を読んでいても うわさ話を聞いていても

テレビを見ていても 夜中に目をさましても

そのことばかりを考えていましたが

気がつくと、答えもわからないばかりか

「お前は優秀なのだから、一人で何でもできるのだろう」

と、天にも見放され

最後に手元に残ったものといえば

「高慢」という、ただ二文字だけでした。

マタイによる福音書 第23章12

「誰でも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう。」


人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。