エゴという殻にずっと閉じこもって 自己中心的な生き方をしていると 怒りは憎しみ、暴力、復讐、破壊へと変わる

エゴという殻にずっと閉じこもって

自己中心的な生き方をしていると

怒りは憎しみ、暴力、復讐、破壊へと変わる

でも殻を破れば

怒りは大いなるパワーへと変わる

殻を破るには思いやりを発揮することだ

カイラシュ・サティヤルティの言葉です

今日の言葉にある

大いなるパワーになる怒りとは

自分のエゴから発生した怒りではなく

理不尽や社会などに対する怒りであり

私ではなく公的な怒りです

ですが私の怒りであっても

利他を実行し思いやりを発揮すれば

怒りは大いなるパワーへと変化し

そのパワーが行動力へと

つながっていくわけです

怒りを力に変えるには

私をどれだけ捨てることができるか

ということであり

怒りがもとになって

憎しみ、暴力、復讐、破壊へと

変化しているのであれば

それはエゴの怒りだという証明になるわけです

元々、自分のものは

諸法無我の教えにもあるように

自分の体を含めて何一つありません

何一つないのですから

エゴも本当はなく

エゴをもとにした怒りもないのです

怒りを行動する力に変えるには

いきなりは難しいかもしれませんが

まずはエゴがあっても

エゴにとらわれないようにし

エゴをもとにして怒っても

その怒りにもとらわれないように

しなければなりません

いわゆる更無二念

(さらに二念なからしむべし)で

一念が起きても二念、三念と

つなげていかないことですね

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    怒りが私的なものである事が
    非常に多かった私ですが
    だいぶ落ち着いてきました笑。
    忙しくなってくると
    そんな事に構ってられませんし
    感情が波立つ事に自分自身が疲れるので
    諌める方法を自ら出来るようになったのか
    それとも怒る事自体がなくなっているのか
    分かりませんが、
    基本感謝が増えてきているので
    不平不満や怒りが出てくる余地が無い
    とも言えなくはないなと、
    思っています。
    行動を重ねた結果なのでしょうか?
    そんな日々チャレンジが出来る環境にある事を
    感謝したいと思います。
    明日も笑顔で張り切っていきます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。