ストレスは疲れの原因ではなく 自分を高めるために必要な試練だと 捉えることができるようになります

自分を認めることができ

自分の人生を生きていれば

ストレスは疲れの原因ではなく

自分を高めるために必要な試練だと

捉えることができるようになります

岸見一郎さんの言葉です

今日の言葉は

人生に対するものの見方や

考え方に関する言葉です

人生は自分の心次第だとよく書いていますが

今日の言葉も

考え方次第で状況に対する評価が変わるという

ひとつの事例です

自分の人生を生きていなければ

まわりの意見に左右されがちな選択を

してしまうでしょうから

ストレスがかかってしまうと

まわりのせいにするのが当たり前ですが

自分の人生を生きていれば

自分の人生なので

自分で選択するはずですから

自分で判断し選択したことに対して

もしストレスがかかったとしても

それは自分の責任ですし

目標を決めて歩き出した途中で

ストレスがかかったとしても

イヤイヤやらされているのと違って

それは自分の成長のための

肥やしになる壁であり、ストレスですから

ここを越えればまた成長できると

思えるわけです

いつも書いていることかも知れませんが

環境や状況、そして人生は

全て自分次第だと思うわけですし

自分に最も影響を与える人は

他人ではなく自分自身なのです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    岸見一郎さん、好きな著者の一人です。
    ストレスは自分が育つための試練は本当だと思います。
    思い通りにならない事があるからこそ
    次の課題にできるわけです。
    その都度育つ、と考えればストレスも必要なものでしょう。
    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。