人がうらやむ生活の中に幸せは存在しない 幸せは感謝する心の中に芽生えてくる

人がうらやむ生活の中に幸せは存在しない

幸せは感謝する心の中に芽生えてくる

大越俊夫さんの言葉です

この言葉にあるように多くの人が

幸せは人がうらやむ生活の中にあると

勘違いしているのではないでしょうか

例えば人がうらやむ生活を手にした人が

全員幸せではないのを見たり

人がうらやむ生活をしていなくても

幸せな人がたくさんいる事実を知れば

それは自ずと理解できることであるわけです

人の数だけ幸せがあるということは

逆に言えば、他人がいいなと思う中に

自分の幸せがあるはずがないわけです

幸せは人がうらやむ生活の中にある

ということだけを

かたくなに信じている人が思う幸せは

自分が思う幸せではなく

他人が思っている幸せではないか?ということを

自問自答してみる必要があります

人に心配りするのは当然のことですが

心配りはしても

他人に迎合までしないようにすることが

この場合における

視界を確保する手段のひとつであるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。