人の悪口を言うのは楽しいが 常に必ず全部自分のところに返ってくるものと思へ 0の法則

人の悪口を言うのは楽しいが

常に必ず全部自分のところに返ってくるものと思へ

梅崎春生さんの言葉です

世の法則は0です

常に0に向かって力が働いています

簡単に言うと

何かやらかしてしまうと

その度合いに応じた数字を持ち

その数字を0にするため

その度合いに応じたものが

縁となって自分の身に起き

いつかは必ず

プラスマイナス0になるという

世の仕組みです

そしてそれは一度に0になることもあれば

何回かに分けて0になることもあるわけです

そしてそれはいつ起きるかもわかりません

それぞれにもつ数字を

お互いに0にすることができる人たち

いわゆる役者が揃った時

持っている数字に相応しい出来事

いわゆるショーが始まるわけです

そしてそれぞれ

起きた出来事に応じた数字を付与され

またそれを相続していくわけです

やらない善より、やる偽善

などどいいますが

やらない善には

やらない善に相応しい数字が付与され

やった偽善、例えば

未来の自分の損得を計算し行動した善については

それに相応しい数字

また純粋にした善についても

それに相応しい数字が付与されるわけです

そして善といっても

自分のエゴで考える善から

真理や道理にあう善まであるわけですが

その都度、それに相応しい数字が付与されます

このように考えてみると

具体的にどのような縁が起きるかについては

天の裁量の範囲ですが

縁の内容

いわゆるこういった方向に向かう

縁であるということは

己次第であるわけです

俗にいう運がいい人というのは

この0の法則の恩恵を受けている人たち

いわゆる常日頃から純粋に

利他の行動習慣と高い精神性を持ち

本当の善を積み重ねている人であり

そのような人に近ければ近いほど

その恩恵を受けているわけです

この文章を読んで

いきなりそんなこと言われても

できるわけがないと思ってしまう方も

いるかもしれませんので

ここで今からすぐに誰でもできる

運をよくする思考法を書いておきます

多くの人は判断・行動しなければならないとき

自分のエゴを通して判断したもので

行動を決めると思います

例えば、会社で嫌な同僚がいて

いつも腹が立つことを言われるから

相手にも腹が立つことを言い返したという場合

言われたから言い返して何が悪いという

エゴを元にして判断・行動しているわけです

そしてその時点で考えてみると

ざっくりとですが

プラスマイナス0になっていますので

この法則において

今後何か返ってくることは期待できません

ここで判断・行動する前に

エゴというフィルターを通すのではなく

ある指針を通して

判断・行動することをしてもらいたいわけです

その指針とは

1、その判断・行動が、世のため人のためになる

2、その判断・行動が、その問題に関わる

自分を含めた全て人の精神性を高く導く

ということです

この指針にあてはめて思考すれば

少なくとも己のエゴが介入する余地はありません

例えばこれを先ほどの例にあてはめてみると

腹が立つことを言われたが

世のため人のためになり

かつ己やまわりの人格が磨かれそうな行動は

どうすればいいのかと考えるわけです

例えば、怒りを怒りで返さないという時点で

相当な功徳であるわけです

ですので1にある

世のため人のためになることについては

怒りを返さないことでクリアできるわけです

ですから1だけ考えるなら

言われても無視をする、何か他で気を紛らわすなど

ようするに怒りを返さなければいいわけですが

さらに2を考えてみた場合

自分の精神性は向上しても

相手の精神性まで高くするという部分には

疑問符が付きそうです

例えば、火のないところに煙は立たないというように

言われている自分にも何かしら落ち度があるのだろう

と、その言葉について感謝をしてみる

そしてそれを相手に伝えてみるわけです

そうすると相手は何を考えるでしょうか

少なくとも怒りを返した時と

同じ対応にはならないと思うわけです

だからといって

そんなに物事は簡単にいかないものですから

いきなり相手の態度に変化が現れた

ということもないでしょう

だからさほどテンションも変わらず

そういう人はまた

腹の立つことを言ってくると思うわけですが

そしてまた言われたとしても

他の同僚には言ってないしなと考えたりし

己に何か言わせるものがあるのだろうと

思うままの感謝を伝え

そのことに気持ちをとらわれていないという

相手の器量より大きい器量を見せると

もし私が相手ならテンションは下がりますし

それと同時に自分の器量の小ささを

自分が出した言葉で確認することになり

嫌な気分になりそうです

このように書いておいて

言うのもおかしい話しなのですが

このように最初から

うまくできるわけがないのです

ですがこの世は

常に0に戻そうとする法則が働いていますから

そのようにうまくできなかったとしても

結果だけの話ではなく

そうしようと努力したという部分に対しても

それに相応しいものが必ず付与されるわけです

自分の出したものが返ってくるのですから

当たり前といえば当たり前なのですが

出したものが返ることに

例外はないのであれば

少しでも純粋で

いいと思うものを出すようにするだけで

自分の人生が変化していく実感を

必ず持てるはずです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。