人は物事を繰り返す存在である 従って優秀さとは行動によって得られる物ではない 習慣になっていなければならないのだ

人は物事を繰り返す存在である

従って、優秀さとは

行動によって得られる物ではない

習慣になっていなければならないのだ

アリストテレスの言葉です

今日の言葉は

その時、一度だけできたとか

考えた末にできたというのも

確かに行動に変わりありませんが

人は物事を繰り返す存在であるため

考えなくても行動に移せるように

習慣化することが

ステージを上げることにつながる

ということです

例えば

金の切れ目が縁の切れ目という

言葉がありますが

この場合、お金などの損得を第一に考え

人との距離感を決めるという思考がまずあって

そしてその次に行動をとるわけです

そして次に

それがもし習慣化された行動にまで

なっているとすれば

その人は深く考えずとも

瞬間的に損得で物事を判断することが

できる人ということになります

こんな感じで考えてみると

人間の行動には

習慣化され自然にできることと

いったん思考し選択してできることの

2種類があるわけですから

自分がこうなりたいという思考やイメージを持ち

そのイメージを思考にインプットし

イメージが習慣になり自然にできるようになれば

反射的にとった行動であっても

なりたいイメージにつながるようになり

目指す自分に近づいていくことが

できるのではないでしょうか?

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。