人生には二つの悲劇がある ひとつはその願いを達し得ぬこと もう一つはそれを達すること

人生には二つの悲劇がある

ひとつはその願いを達し得ぬこと

もう一つはそれを達すること

ジョージ・バーナード・ショーの言葉です

願いとはいわゆる欲のことです

欲にとらわれて生きていると

欲を達成できなくて苦しみ

欲を達成しても

達成した欲を守ろうとして

どちらにしてもまた苦しむ

欲が強すぎ

欲にとらわれているかぎり

人生は苦しみの繰り返しになってしまいます

欲を捨てれば捨てるほど

欲にとらわれ苦しむ機会は減り

人生はどんどん穏やかになっていきますが

いきなりは難しいものです

酒は飲んでも飲まれるなと

昔から言いますが

飲んでも飲まれない

欲はあってもとらわれないように

バランスをとっていくことが

欲に苦しまず

欲を力に変える第一段階であるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。