人生は将棋と同じで、 読みの深い者が勝つ

人生は将棋と同じで、 読みの深い者が勝つ

升田幸三さんの言葉です

勝つ勝たないはさておき

読みが深いということは

真理を知りやすくなることにつながります

○○したい、○○になりたいと

真理を知ろうともせず

どこかに行く道の議論ばかりしていているのが

世の中というものです

今に感謝して

今が幸せで充実しているのであれば

いいのですが

そうではないのに

○○したい、○○になりたいと

願っている人がほとんどです

感謝せず願っているということは

現状で不満を感じている人であり

幸せじゃない人という証明であるわけですし

もしまわりがそんな人ばかりだと

あなたは幸せではない人に囲まれ生きている

ということになりますし

もしそんな人達に囲まれていて

まわりに対して違和感を持たないようであれば

自分も不満・幸せでないグループの一員である

可能性が高いということになります

感謝の気持ちを持たず

○○したい、○○になりたいと思っているのなら

もし達成できたとしても

満足することを知らないわけですから

必ず次の願いが湧きあがります

例えば地位を手に入れたら

その地位を狙う者から、その地位を守るため

そしてさらにいい地位を手に入れようと

新たな苦難を歩きはじめる

財産を手に入れたのなら

その財産を増やそうとしたり

守ろうとすることによって

手に入れる前にはなかったはずの悩みが

新しく現れてくるわけです

こう考えると

求めればさらに求め続けることになり

一度は達成されても

思考習慣を変えない限り心の平穏は訪れず

不満の連鎖から抜け出せないことが

わかるのですが

世の多くの人は

平穏で安らかな場所に続かない道を求め

喜んでいるのが現状です

当たり前の事ですが

深く見ようとし、深く知ろうとすればするほど

事に対する達成率は上がります

ですが達成した先に

何が待っているのかを考えようともせず

世間の評価にまどわされ

真理を知ろうとしないと

その先も果てしなく苦難の道が続きます

深く知る・真理を知るということは

簡単なことではありませんから

知っている人は少ないわけですし

目指している人も少ないわけです

苦難の連続こそ人生と思う人は

それが幸せなわけですし

大勢が指し示す道が自分に合う道ですから

それに従っていけばいいのですが

穏やかで平穏な人生を望んでいるのであれば

大勢に流されていると

いつまでも辿り着くことができません

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    ないない人生よりもあるある人生を。
    私には必要なものをすべて与えられています。
    何不自由なく生きていけてもいます。
    素晴らしい仲間もいます。
    日々成長の機会やチャレンジの機会も
    与えられています。
    とても幸せなことですね。
    いつも、それを教えていただいています。
    ありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。