人間って 自分がいかに下らない人間かということを思い知ることで スーッと楽にもなれるんじゃないかな

人間って

自分がいかに下らない人間か

ということを思い知ることで

スーッと楽にもなれるんじゃないかな

タモリ(森田一義)さんの言葉です

自分がいかに下らない人間か

ということが理解できるようになれると

自分の力だけで生きているのだと

勘違いしているような人であれば

特に謙虚になれるものです

自虐的に考えるのではなく

己はくだらない人間だ

だから謙虚に積み上げていこうと

進む力になるように考えることは

自分にとってもまわりにとっても

素晴らしいことです

○○しなければならないという気持ちは

向上していくためには必要なことですが

その気持ちにとらわれ過ぎてしまうと

逆に自分を苦しめてしまうものです

己が優秀であろうとすることは

いいことだと思いますが

そのことにあまりとらわれてしまったり

自分は他の人とは違うのだから

これぐらいできなければならないと考えてしまい

できないと己を責めたりするわけです

そんな時は今日の言葉を思い出したり

また自分に使ってみるのはどうでしょう

自分が未熟なのだと理解すれば

他人を責める気持ちが減るので

自分も他人も許せるようになっていけると思います

私は幸いにも己のバカに気が付き

最近はバカ道を極めるバカの中のバカを

自負しておりますので

今日の言葉ではありませんが

楽に生きています

自分も他人も同じ人間

だから失敗は必ずするものだ

それをわかったうえで

前を向いて積み重ねていくことができれば

人間はそれだけで

いいのではないでしょうか?

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

全ての人が穏やかでありますように

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。