人間である限り欲望を持たぬ者はいない しかしその欲望は小さな私欲ではなく 国家や社会に利福をもたらす大きな欲望でなければならない

人間である限り欲望を持たぬ者はいない

しかしその欲望は小さな私欲ではなく

国家や社会に利福をもたらす

大きな欲望でなければならない

三島海雲さんの言葉です

世の多くの人は

己だけの小さな私欲に基づき

世を論じ、人を論じ、出来事を論じます

また己自身も

人間である限り欲望を持たぬ者はいない

という事実の一員であることも忘れ

己だけの小さな私欲に基づき行動する人を

批判するわけです

真理に基づいてなされる議論であれば

論じても意味もあり

着地点も見つかるものですが

己だけの小さな私欲に基づいた議論など

創造性に乏しく児戯に等しいわけです

世の人の多くは私欲だけを求めて生き

私欲に基づいて判断しているものです

ですのでそこを出発点にしてしまうと

誰かが必ず我慢を強いられることになります

問題を解決する糸口は

自利利他に基づき選択することと

またその選択の後に関わる人全てが

さらに高い精神性を身に着けるような

選択であること

その二つなのですが

「自分」が主語になっている人ばかりが

いくら集まっても混乱するばかりです

このループ

いわゆる私欲というループから抜け出さないかぎり

永遠に穏やかさも得れず

永遠に豊かになることはないのですが

このことがわからない人が多すぎたり

またわからない人を導く側の人も

このことを知らず

むなしく時間だけが過ぎ

途方に暮れているわけですが

そこから抜け出すことは

全然難しいことではなく

真理という世の理(ことわり)を

きちんと理解すればいいだけなのです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。