今の人々は自分の利益のために交わりを結び また他人に奉仕する

今の人々は

自分の利益のために交わりを結び

また他人に奉仕する

今日利益をめざさない友は得がたい

自分の利益のみを知る人間はきたならしい

犀の角のようにただ独り歩め

スッタニパータ 中村元先生訳からの言葉です

スッタニパータの蛇の章の中にある

犀の角の最後の詩です

自分と他人を分け

自分の利益を追求していく思考のことを

分別知というのは

もう何回か書かせていただいていますが

このような思考を元にして築かれた

人間関係の先に心の平安はないということが

理解できている人も多くいます

幸せな人生を手にしたいのであれば

自他不二を目指し

自分、自分という思考や

欲しい、欲しいという思考を捨てれば捨てるほど

望む人生に近づいていけるわけであり

逆に言えば、その道を通る以外

幸せに近づくことはできません

己を捨て、降りていくバカ道とは

その道にどうやって入り

どう歩いていけばいいかという

学びであるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。