他人にどう思われるかを心配しているかぎり あなたは他人のものだ

他人にどう思われるかを心配しているかぎり

あなたは他人のものだ

ニール・ドナルド・ウォルシュの言葉です

他人の評価ばかりにとらわれてしまうと

行動が自分主体ではなく

他人主体になるのは当たり前です

他人の目が気になるのが人間ですし

仕方がないことだと思いますが

何事もバランスです

他人の目線が気になり

行動を他人にあわせようとすることが

悪いことだとは思いませんが

それが当たり前なのだという感じで

過剰に解釈を育て過ぎ

人の目ばかりが気になるような

思考習慣を創造してしまうと

人生にいい影響を与えません

自分は自分、世間様は世間様という

周りの意見に左右され過ぎない

思考習慣を持ち

その上で

自分が世間にできることは何か?という思考に

発展させていくことは

豊かな人生を手に入れるための

ひとつの道だと思います

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

今日8月20日で1年が経ちました

土砂災害のボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    今でこそあたりまえになってる自分は自分ですが
    以前は全くわかっていませんでした。
    考えて分からないことを考えたり
    他人が考えてることを一生懸命考えたりして疲弊してました。
    今は他人の領域には入りません(笑)。
    立ち入り禁止ですから。
    なので土足で踏み入れることも少なくなったのかなと思っております。
    お陰様ですね!!
    そのせいか、低い所でのやり取りをしていた方々との
    ご縁も自然と遠のいていった様な気がします。
    そう考えると全て自分なのだと痛感しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。