他人のために暮らすのはもうたくさんだ せめてこのわずかな余生を自らのために生きようではないか

他人のために暮らすのはもうたくさんだ

せめてこのわずかな余生を

自らのために生きようではないか

ミシェル・ド・モンテーニュの言葉です

私も自分のために生きようと思っています

それはワガママに生きるということではありません

人間とは誰しも生きているだけで

迷惑をかけて生きているものですから

そのことを謙虚に認識し

また、そうして生きていることに感謝し

その感謝を世に少しでもお返しする生き方

そういう生き方が自分が考える

自分のために生きる生き方です↓↓

徳を積む意味

その生き方が妨げられるような

達成できなくなるような相手のために

生きていくのなら

自分のために生きていこうではないか

今日の言葉はそんな言葉です

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    私は元々幼少の頃から病気がちで入院生活を送っていました。
    それは大人になってからも変わらず、
    常にどこかに弱点を持ちながらの生活でした。
    そんな生活から開放できたのが、ついつい最近なんです。
    でもその為に、健康を取り戻すために
    色々なものを犠牲にしてきました。
    もう死にたいと思ったことも度々ありました。
    でも諦めなかったから今の生活があります。

    だから今はおまけの人生。
    もし、出来ることなら、そのお礼を社会に返したいと思っています。
    泣いている人が少しでも笑顔が取り戻せますように。

    そんな私だからこそ出来ることがあるはずなので
    これからも頑張っていきます。
    ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。