何物も断念することを欲しない者は 真の希望を持つこともできぬ

断念することをほんとに知っている者のみが

ほんとに希望することができる

何物も断念することを欲しない者は

真の希望を持つこともできぬ

三木清さんの言葉です

次から次へと

飽くなき欲望を追い求めている人がいます

そうなると欲望ばかりに目が向き

足元が見えなくなるものですから

欲望のループからは

抜け出すことができません

何かを断念するには足ることを知らないと

断念することができません

満足しているから

執着を捨てることができるものですし

また執着しても

とらわれないように生きていけるわけです

常に満足していない原因は

自分の思考習慣なのですが

それが理解できず

他人や出来事のせいにする習慣を

続けているかぎり

豊かな人生はやってきません

なぜなら、満足していないことを

他人のせいや出来事のせいにすると

問題を解決するには

他人や出来事を変えるしかなくなりますから

そもそも解決できなくなるからです

そして致命的なのは

その思考がやがて

本当に自分の思考習慣に変わってしまい

反射的に考えたり判断したり行動することが

自分のせいではないという思考をもとにして

つくられてしまうことです

そうするとどうなるか?

足りないのは人のせい

満足できないのはまわりのせいと

常に外部に変化を求め続けるが

他人と起きた出来事を

変えることはできないので

結局、思うようにならない日々が習慣になり

心が荒む日々を送るしかなくなるわけです

そうなってしまうと

今日の言葉のように

希望を持つことはできません

なぜならば

もっともっとと求めているのは

単純に自身の欲望であって

希望ではないからです

希望と欲望、夢と欲望、目標と欲望を

同じように使う人もいますし

同じように書いている本などもありますが

全く違います

希望や夢や目標とは

欲望のように一時的なものではなく

自身が豊かな人生を手にするために持つ

永続的なものであり

自身の考える豊かな人生に

必ず続いていなければならないものです

欲を満たすために持つものは

単純に欲でいいわけです

そして欲を満たした先には

また新しい欲がうまれてくる

ただそれだけです

今あるもののありがたさに気づかず

足るを知ろうとせず

欲を満たすことばかり思考していると

それが思考習慣になり

それがあなたの人格になってしまいます

そうなると

豊かな人生は永遠にやってきませんから

毎日、自分の心でどんなことを考えているか

どんな栄養を心に与え

どんな思考習慣を積み重ねているかということが

豊かな人生に近づいていくためには

とても重要なことだということになるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    日々楽しく過ごさせて頂いているのは
    希望を抱いているからなのだろうか?
    但し自分自身はまだまだ成長の途上です。
    課題を持って取り組んでいます。
    此れは一生続いていくのかな、と思っています。
    常に自分自身を振り返ることの出来る
    今の環境に感謝したいと思います。
    いつもありがとうございます!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。