侏儒の言葉 地獄 芥川龍之介

人生は地獄よりも地獄的である

地獄の与える苦しみは

一定の法則を破ったことはない

たとえば餓鬼道の苦しみは

目前の飯を食おうとすれば

飯の上に火の燃える類である

しかし人生の与える苦しみは

不幸にもそれほど単純ではない

目の前の飯を食おうとすれば

火の燃えることもあると同時に

又、存外楽楽と食い得ることもあるのである

のみならず楽楽と食い得た後さえ

腸加太児(チョウカタル)の起ることもあると同時に

又存外楽楽と消化し得ることもあるのである

こういう無法則の世界に順応するのは

何人にも容易に出来るものではない

もし地獄に堕ちたとすれば

わたしは必ず咄嗟の間に

餓鬼道の飯も掠め得るであろう

いわんや針の山や血の池などは

二、三年そこに住み慣れさえすれば

格別、跋渉(ばっしょう)の苦しみを感じないように

なってしまうはずである

芥川龍之介 侏儒の言葉 地獄

ようするに芥川先生は

決まった苦が繰り返される地獄より

予測がつかない苦が起きる

私たちの住むこの世の方が

より地獄であると言っているわけです

私は地獄が己の居場所であることを知る

愚かな人間のひとりですが

これを読み少し安心いたしました

なぜならば

地獄より地獄的であるこの世で

私は幸せを感じて

生きることができているからです

もし私と同じように

地獄が自分の居場所であると

思う方がいましたら

どうぞご安心ください

大きなことは言えませんが

私だけは地獄に来たみなさんを

責めることはいたしません

地獄ですから当然でしょうが

まわりは全て責めるでしょう

ですが私は責めないどころか全て許します

なぜならば

煩悩を完全に滅することができず

罪を作りながら生きているのはこの私であり

そうかといって

大したこともできない

人間の一人だからです

この世の方が地獄より大変らしいと

芥川先生はおっしゃっています

私はこの世で

そこそこやっておりますので

あちらでもうまくやれそうです

もしお会いしましたら

何かの役に立つかも知れませんので

見つけたら気軽に声をかけてくださいませ

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。