偽りの自分を愛されるよりも 本当の自分を憎まれる方がいい

偽りの自分を愛されるよりも

本当の自分を憎まれる方がいい

カート・コバーンの言葉です

自分を偽って

誰かからの愛や評価を望んでも

あるがままの自分を見て

評価されたわけではないので

時には息苦しさや

寂しさを感じたりするでしょう

自分からは絶対に逃げることができません

自分も自分の事が好きで

まわりにもあるがままの自分を

好きだと思ってくれる人がいるのが

一番だと思いますが

まわりの評価を維持するため

自分を抑圧する生き方と

まわりに嫌われても

自分だけは自分の事が好きだという生き方

どちらを選んでも本当の自分は

その選択や行動を24時間見つめています

蒔かない種は生えないといいます

そう考えてみれば

どういう選択をしたとしても

その先には選択に相応しい人と

結果が待っているものでしょうから

話は簡単で

どんな人たちとどんな未来を創造したいかを

自分に問いかけ

あとはそれに相応しい種を蒔けば

いいだけなのです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。