全く同じ風が吹いても 東に進む船もあれば西に進む船もある 

全く同じ風が吹いても

東に進む船もあれば西に進む船もある

進路を決めるのは風向きではない

帆の張り方なのである

デニス・ウェイトリーの言葉です

環境が未来や行き先を決めるなら

同じ風が吹けば

船は全て同じ方向を向き

同じ未来のはずです

帆の張り方とは、ようするに心の持ち方

つまり思考です

西を向きたくなかったのに

風のせいで西を向いてしまったのなら

大至急

西に向かないように帆を張りなおせば

問題は解決します

西に向くのは

自分が西に向くように帆を張っていたからです

こう考えてみると

余計なことも考えず、心も乱さず

解決できることなのですが

それに感情が加わってしまうと

問題を複雑化して考えてしまい

しまいには感情論だけになり

問題の解決へ向けて進展できなかったと

いうことになりかねませんから

出来事と感情を分けて考えるということは

問題を解決に導く

ひとつの方法ではないでしょうか?

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    同じ事をやっている様に見えても
    実は思考次第で結果は違うものになってしまうということ。
    それならば、思考さえ整えておけば
    もう目標達成にかなり近付いているんだと思う。
    そこにお金も掛からないし
    大変なことは何もない。
    後は行動をするだけ。
    今後も行動しながら生きていきたいと
    思っています。
    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。