全てが失われようとも まだ未来が残っている

全てが失われようとも

まだ未来が残っている

クリスチャン・ボビーの言葉です

過去は過去です

過去に起きたことは

単純に事実のひとつでしかないので

いつも見ている必要はなく

向き合って学びに変えたら

とらわれたり縛られたりする必要はありません

過去にとらわれてしまうと

今日の言葉のように

まだ未来が残っているという思考には

なりにくいものです

人間はみんな豊かに幸せになるために

産まれてきたのですから

目的を達成に導くことを難しくする思考を

自ら持ってしまうようなことは

それが自分で心地いい状態であれば

問題ないのですが

心地よくないのなら

持たない方がいいわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    過去に囚われていた過去の自分。
    それが行き過ぎて自虐癖か付いていた。
    過去の失敗は学びにすれば良いだけで
    何も問題が無い事に気付いた。
    学びにするか囚われてしまうかも自分次第ですね。
    何時もありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。