効率や損得にとらわれると人間が小さくなる

効率や損得にとらわれると人間が小さくなる

斎藤茂太さんの言葉です

効率や損得だけではなく

何かにとらわれるということは

世界観を小さくする第一歩です

いいなと思っていても

そのひとつだけを拠り所にしないという思考も

あわせて持っておくとか

どれも正しいという思考習慣を

自然にできるよう訓練しておくとかすれば

何かひとつに傾倒しすぎて

とらわれてしまうことはなくなります

どんな料理でも

甘すぎたり、辛すぎたりすれば

楽しんでいただくことは出来ません

美味しいものは美味しいで問題ないのです

また甘すぎるのはちょっとという気持ちも

とらわれ過ぎなければ問題ないのです

ですが「甘すぎる」から「甘すぎるのは許せない」

そして「美味しくなければならない」に

とらわれが大きくなっていくと

変化した大きさに反比例し

自分の行動範囲や思考が狭くなるし

価値観を限定してしまうわけですから

大きくなればなるほど

思うようにいかないことが

当然のように増えてくるものです

甘すぎるときもある、辛すぎるときもある

またちょうどいいときもあるからこそ

人の世であるわけですし

自分だって誰だって

うまくいくときもあればミスもするわけです

それが楽しめるようなら

すでにその人の人生は豊かなはずですが

それが受け入れられなくなるほど

とらわれてしまうと

この世の法則のひとつである

「全てのものは一瞬たりとも常では無い」という

諸行無常に逆らうことになるわけですから

法則に逆らうことで悲観的になり

やがて疲れて心が荒み

だんだんと人間が小さくなっていきます

とわられていることの中に

こだわりやマイルールがあります

こだわりやマイルールがある人から

それを強要されてしまうと

まわりにいる人は大変ですが

それはたかだか一瞬のことです

本当につらいのは

自分でつくってきたとはいえ

24時間、その思考につきあわなければならない

その人自身でなかろうかと思うわけです

思うようにならないと感じ

心に波風を立てるのも

その人の度量であり人生であるわけですし

状況を受け入れて穏やかでいるのも

その人の度量であり人生であるわけで

その人にあう、あわないもあり

どちらがいいという話ではないのですが

みなさんはどちらに向かって

歩いていくのでしょうか?

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    私の周りにもこだわりの強い人が居ます。
    ばんばん自分に合わない人を
    否定して行きます。
    もちろん私にも否定してきます。
    しかし、あ〜、あなたにはそう思えるんだね。
    共感はしませんが理解は出来ます。
    と、同時に苦しい人生を生きてるなぁ、
    とも思えます。
    去年の自分もこうだったのかも知れないな、
    と思うと私はこの方の味方で居てあげよう、
    そう思えます。
    私にもずっと味方で居てくれた方が
    居ましたので(^-^)/

    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。