名を捨て利を捨て 一切諂(へつら)うことなく 万事なげ捨つれば 必ずよき道人(どうじん)となるなり

名を捨て利を捨て

一切諂(へつら)うことなく

万事なげ捨つれば

必ずよき道人(どうじん)となるなり

道元禅師の言葉です

道の人になるには

知識の積み重ねは欠かせないものですが

その先にあるものは

考えないというところです

知識を積み重ねて考えないということは

矛盾しているように感じますが

道を歩くうち、道と一体になることができれば

考えることはもう必要ないわけです

道を歩き、求めていくには

エゴを捨てることが肝要です

多くの人は得ることで到達できると

思っているかもしれませんが

得ることだけでなく

得たうえで捨てることで到達するわけです

今日の言葉のように万事投げ捨てるとは

エゴを投げ捨てるということであり

エゴを捨てれば捨てるほど

道に近づいていくわけですが

そもそも己は優秀だと慢心していると

謙虚さにもつながらず

精進にもつながりませんので

自分はバカだなあ

そして人間とはそういうものだという気持ちも

あわせて持っておかねばいけないわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。