君子は道を謀りて食を謀らず 

子曰わく

君子は道を謀りて食を謀らず

孔子(論語)の言葉です

偉大な人は道を求めても

目先の利益など求めない

という意味です

この世の多くの人は

自分に対する利益を求めて生きています

また、そう生きることが

幸せに近づく道だと信じているわけです

そもそもこの世の生き物は全て

命をつないでいくことを第一に生きるものです

ですので自分に対する利益を求めることは

自分の命をつなぐことにもなるわけですから

ごく当たり前の行動であり

とりたてて問題はないわけです

ですが冷静に考えてみると

動物が食べ物が欲しいと思うのと

例えば我々がブランド品が欲しいと思ったり

旅行に行きたいと思ったりするのは

同じことではないかと思うわけです

ただ人間と違うのは

動物は食べ物が欲しいという欲求を満たせば

命をつなぐことができ

それで幸せなのではないでしょうか

動物がご飯を食べた後

俺はなんのために生きてるんだろうと

悩んでしまい

病気になったなどと聞いたことがないわけです

ですが我々は命をつなぐという

いわゆる現世利益だけでは

心は満たされないわけです

欲求を満たすだけで幸せになれるなら

もうみんなとっくに幸せになっているわけですし

幸せならご飯を食べた後

俺は何のために生きているのだろうと

考えることもないわけです

現在、生きがいを感じることができないとか

生きる意味が分からないなどと

多くの人が悩んでいますが

それは我々の幸せや生きがいは

現世利益を追求し達成した先にあると

勘違いしている人が多いからではないでしょうか

先ほども書きましたが

現世利益を追求するのは動物もするわけです

そして満足をするのでしょうが

我々人間は

それだけでは満足できないものであり

我々の幸せはその先にはないわけです

この地球で生きるものの中で

現世利益だけを求めず生きれる唯一の存在が

我々、人間だけなのですが

続きはまたの機会に書きたいと思います

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。