変革せよ、変革を迫られる前に

変革せよ、変革を迫られる前に

ジャック・ウェルチの言葉です

お尻に火がつかないと

なかなか行動に移せないということが

多いものですが

そういう生き方は

かっこいい生き方ではないと

私は思っています

お尻に火がついてしまうということは

そうなることが分かっているということです

ですので

必要に迫られて行動するというのは

ある意味、誰にでもできることですし

問題の本質から目をそらしているうちは

かっこいいとは思えないのです

また急に火がついたのなら

仕方がないということも思えますが

変革を迫られるということは

向かっている方向がなんかおかしいわけで

そんな日常を過ごしていることも

なんかかっこよくないわけです

とか言いながら

自分のことは見えにくいものであり

また歩いているつもりでも

歩けていないものですので

間違いはないという傲慢な気持ちを持たず

常に自問自答しながら

もう少しかっこよく生きたいと思うわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。