宇宙の真理に背いた 自分本位の欲望でしようとしたことは そう滅多に成功するものではない

宇宙の真理に背いた

自分本位の欲望でしようとしたことは

そう滅多に成功するものではない

事業に成功するのは自分が欲望から離れて

何かを考えたときに

また、その考えたことを実行したときに

成功するのだ

中村天風さんの言葉です

成功という言葉は

個人個人でいろんな解釈があり

イメージが違う言葉ですが

今回の成功とは自分の望む事業であり

志のことだと思ってお読みください

自分が望む行きたい場所に行くには

一つの条件があります

仏教で言えば彼岸ということになりますが

ようするに向こう岸に渡ることです

渡ってみるとよくわかることなのですが

渡れる人と渡れない人の違いは

小さなことでも

他人の幸せを考える習慣を持っているか

これに尽きます

そしてそれは偽善ではいけません

思考が習慣化し、人格がそうなること

そうでなくては渡ることはできません

自分のために叫んでいるのに

他人のためだというような顔をしている人が

たくさんいますが

そんな人は一度は渡ることがあっても

必ず向こう岸に戻されてしまいますし

例え一時的に渡ったとしても

支持され続けることはありません

偽善から出たものだから

手に入れたものも偽善だよというような感じです

ですので、偽善ではなく

思考を習慣にしなければならないのですが

その他人に対する気持ちの元になるのは

感謝であるわけです

生きていることに対して感謝したり

また有り難いという気持ちが上がれば上がるほど

ありがとうに変わります

ありがとうに変わってくると

そのありがとうという気持ちが

自分にできることがあればに変わり

自分にできることがあればという思考が

習慣化され大きくなればなるほど

以前と比べ自分を取り巻く空気が違うことを

その道中でさえ

感じることができるようになってきます

感謝を習慣にするのは簡単です

そのひとつが見えない人を相手にせず

まずは目の前の人に向き合うことですし

今、まわりにいる人と

どう生きていくかということですが

それは目の前にいる人に対して

事業がうまくいかないのに

見えない人に対して

事業がうまくいくことなどありえないからです

自分もまだまだだと

戒めながら書いていますが

向こう岸という彼岸にいる人たち

全てに共通していることですし

宇宙の法則とはそういったものです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。