幸福とは心の状態をいう 物事をどう見るかだ

幸福とは心の状態をいう

物事をどう見るかだ

ウォルト・ディズニーの言葉です

量子という言葉を聞いたことがありますか?

量子とは簡単に言うと原子の中にあるもので

粒子性と波動性を合わせ持つエネルギーです

そして原子は、全ての物質の根源となるものです

我々人間も、今見ているパソコンや携帯も

分割していくと最後は原子になり

その原子を構成するのが量子なわけです

その量子を研究しているのが

量子力学なのですが

この量子は非常に面白い性質を持っていて

あるようでない、ないようであるという

曖昧なものなのです

量子論に「不確定原理」という基礎原理があり

量子の性質を実験した結果

統一性がなく矛盾するというという

科学での説明が難しい面白い話です

理解しにくい論ではありますし

自分もまだまだ理解できてませんが

興味がある方は調べてみてください

今日の言葉は

「幸福とは心の状態をいう、物事をどう見るかだ」

ようするに、物事は見方次第で

幸せを感じることができるということです

ですが私たちは

「こうでなくてはならない」というような

片方だけに拠った

決めつけた思考で物事を見てしまい

その思考習慣によって

感情を乱されてしまうということはないでしょうか

この世の全てを構成しているものは

時には波状、ときには粒状

空間のあちこちに無数にあるが

確認すると1点になるというような

とても不思議で曖昧な量子というエネルギーです

私たちはこの曖昧な量子を母として

産まれ生きているわけですし

量子の性質を利用した様々な物を使って

生活に役立てているわけです

そういう意味で考えると

偏った物事の見方しかできないというのは

宇宙の法則に反しているということになります

小さな思考にこだわって

正しいとかおかしいとかいうより

自分の思考と違う思考を受けとめ

自分の考えと違うものや反対にある考えを

見たり知ろうとすることで

相手の立場や思考が理解できるようになり

思考のバランスを取れれば

あなたは正しい、私も正しいという思考に

なれると思います

実は自分の心が穏やかであれば

相手のスタンスなど、どうでもいいのです

自分の機嫌を自分で取れる人が

増えれば増えるほど

世の中は確実に明るくなっていくわけですから

問題は相手ではなく自分なのです

宇宙の法則に逆らうということは

それだけ消耗してしまいます

国の習慣の違いは

国対国で議論すれば不毛な結果にしかなりませんが

世界という目線に抽象度を上げてみれば

それぞれの文化に変わるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。