強さとは何か?

勝負事は強い方が勝つ

そう思ってる人も多いのではないかと思います

ですが強い方が勝つとは限らないようです

確かに局地的に考えると

強い方が勝つことが多いようですが

それも絶対ではないようで

長い目で見ると強い方が勝つというのが

条件ではないことがよくわかります

恐竜が栄えた時代があったのは

みなさんもご存じだと思います

恐竜が栄えた時代はジュラ紀、白亜紀です

強さでは恐竜と比較になりませんが

それより前の石炭紀に出現し

今もなお生息している生物がゴキブリです

また世界最古の企業と言われる会社が

日本の会社、金剛組です

神社・仏閣などの建築をする

宮大工の会社ですが

建設会社の中で思い浮かぶほど

有名な会社かと聞かれると

そうでもないわけです

こう考えてみると強さとは変化力ではないか

柔軟性を持ち

そのときの環境に適応するしなやかさが

強さではないかと思うわけです

木は竹より硬く強度もありますが

一定の負荷を与えれば先に折れるのは

木であるわけです

時代はたえず変化するものです

いわゆる諸行無常であるわけですが

変化を受け入れることができないと

強さにも限界がありますから

やがて耐え切れなくなるわけです

ようするに強さとはしなやかさ

そして変化をおそれない

柔軟さではないかと思うわけですが

ゴキブリはどうにも

尊敬できそうにありません

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。