怒りやすく恨みをいだき 邪悪にして、見せかけであざむき 誤った見解を奉じ、たくらみのある人 かれを賤しい人であると知れ

怒りやすく恨みをいだき

邪悪にして、見せかけであざむき

誤った見解を奉じ、たくらみのある人

かれを賤しい人であると知れ

釈尊の言葉です

いつもいらいらしたり怒ったり

いつまでも恨みを持ち続ける人

まわりのよいところを見ず

悪いところばかりを見ようとする人

自分を身の丈よりいい人に見せようとして

まわりを欺く人

真理を知らず

誤った知識に基づき判断する人

そして、陰でたくらみを企てている偽善者

このような人が賤しい人だそうです

また、この言葉に

生まれもったもので賤しくなるのではなく

生き方によって賤しい人になると続きます

賤しさの原因は全て己の思考にあり

またその思考に基づいた行為によって

賤しくなっていくのですから

このような条件に当てはまらないように

過去や産まれ、環境などにもとらわれず

今を精一杯生きていかねばと思います

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 原田和宗 より:

    此処の所、今目の前の人、と言うのをテーマにしています。
    それがどんな状況であれ、です。
    それを考え始めてからは仕事もとても楽しくなっています。
    感謝の念も今までと違うような気がします。
    今後もテーマを持って日々過ごしていきたいと思っています。
    いつもありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。