怨みをいだいている人々の間にあって怨むこと無く 我らは大いに楽しく生きよう

怨みをいだいている人々のあいだにあって怨むこと無く

我らは大いに楽しく生きよう

怨みをもっている人々のあいだにあって怨むこと無く

我らは暮らしていこう

悩める人々のあいだにあって悩み無く

大いに楽しく生きよう

悩める人々のあいだにあって悩み無く暮そう

貪っている人々のあいだにあって患い無く

大いに楽しく生きよう

貪っている人々のあいだにあって

むさぼらないで暮らそう

我々は一物をも所有していない

大いに楽しく生きて行こう

光り輝く神々のように喜びを食(は)む者となろう

勝利からは怨みが起る

敗れた人は苦しんで臥す

勝敗を捨ててやすらぎに帰した人は安らかに臥す

ダンマパタ 中村元先生訳(釈尊)の言葉です

第15章「楽しみ」にある文章です

最後の

勝利からは怨みが起る

敗れた人は苦しんで臥す

勝敗を捨ててやすらぎに帰した人は安らかに臥す

という文章は自分との戦いの事ではなく

他人との戦いのことです

自分に打ち克つことは

尊く偉大なことであるわけですが

私もこのように生きていきたいと思っています

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。