悟りという事は 如何なる場合にも平気で死ぬ事かと 思っていたのは間違いで

悟りという事は

如何なる場合にも平気で死ぬ事かと

思っていたのは間違いで

悟りという事は

如何なる場合にも平気で生きている事であった

正岡子規の言葉です

生死を越えるということは

当たり前ですが

生も死も気にしないということです

生に執着せず、死に恐怖しなくなると

人は本当の自由になれます

そこから先は

余計なものを全てなくした

ありのままの純粋な自分しかなく

また反面、自分はいないわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。