悲観主義は人を弱きに導き 楽観主義は人を力に導く

悲観主義は人を弱きに導き、楽観主義は人を力に導く

ウィリアム・ジェームズの言葉です

今日の言葉は当たり前の事なのですが

改めて聞くと確かにそうだなと確認できる言葉です

悲観主義者の特徴のひとつは

いつも悲観的に考えてしまうこと

いわゆる不安を持つことです

不安は行動している以外になくならないものですが

悲観的に物事を考えてしまうと

どうしても行動しない方向に

思考は向いてしまいます

そうなるとチャレンジすることが減るので

新しい知識や経験を増やすことは難しくなり

人は弱くなってしまうわけです

そして妄想も悲観主義者の特徴です

行動すれば結果もはっきりするので

妄想してあれこれ悩む必要はないのですが

例えば、聞けばすぐにわかることでも

頭だけで考え判断しようとするので

妄想してしまうわけです

妄想や不安を常に抱えていては

力強く歩いていくことは難しくなります

その結果、今日の言葉のように

人を弱きに導くことになってしまうわけです

「 一事が万事」などと言いますが

人間は心で考えていることが

行動になってあらわれます

行動を変えたいのなら

思考を変えればいいわけですし

未来を変えたいのなら

「一事が万事」なのですから

日常の小さな生活習慣や思考習慣という

一事を変えることで、それが万事につながり

未来は完全にコントロールはできませんが

たくさんチャレンジすることで

未来は変わる確立が上がるわけです

妄想が行動しない自分への言い訳になる前に

行動する習慣を持つと

不安も妄想することも減ってきます

それに、もう一歩すすんで

結果について考えてみても

結果をコントロールすることは

誰もできないわけですから

行動し、未来にタネを蒔き続けないかぎり

咲かせたい花が咲くことはないということになります

人生は自分の心次第です

不安を持ち、妄想をしている時間より

どう思考し、どう行動するのかを考えた方が

望む未来に近づけるはずです

人生とは良きにつけ悪しきにつけ

自分で想像し

行動し積み上げていくものなのですから

今の結果に満足していないのなら

望む未来に近づける思考習慣をあわせて持ち

バランスを取ろうとしてみるのはどうでしょう

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    思えばひどい悲観主義でした。
    去年までは。
    ところが、ここ1年半の学びでだいぶ
    変わりました。
    楽観主義にはまだなり切れていないかも
    知れませんが、意識をして
    そう言う思考を持つ事を心掛けています。
    意識し続ける事により
    そのうちに無意識になるんじゃないかと
    思っています。
    これも楽観主義なんでしょうかね(笑)?

    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。