成功を求める時間もないほど忙しい人のところへ成功は訪れる

成功を求める時間もないほど

忙しい人のところへ成功は訪れる

ヘンリー・デイヴィッド・ソローの言葉です

勝たんと打つべからず

負けじと打つべきなり

という言葉が徒然草の中に出てきます

双六の名人に勝つ極意を聞いたところ

勝とうと思って打つのではなく

負けないように打て

と答えたということですが

まさに極意であると思います

現在、多くの成功に関する本や

成功法則などが溢れています

その多くは効果的で

実践すれば有効なものも多いですが

テクニックを駆使するものが多く

結局テクニックであれば

その都度更新していかねばなりませんし

即効性はあっても

永続性に欠けてしまいます

簡単に言うと成功するには

その目指す場所に相応しい

自分になればいいわけです

また相応しい自分でなければ

一度はその場所に座れたとしても

その場所に長く居続けることはできません

ですので相応しい自分というのは

重要な鍵になるわけです

相応しい自分である前に

成功しようと思うと

テクニックに頼らざるを得ません

今日の言葉で考えてみると

成功を求める時間もない人というのは

ようするに人から頼られ

あちこちから声がかかるから忙しいということです

そして依頼された仕事を

集中してこなしていった結果が

成功を求める時間もないということになるわけですが

それだけ忙しいということは

その人が頼られ、それだけ役に立っている

ということになるわけです

ようするにそういう人は

ほかに多くの人がいるにもかかわらず

選んでもらえる自分になっているわけで

すでに選んでもらい成功する

土台や基礎ができている人であり

相応しい自分になっているということです

そんな人がテクニックを使えば

どうなるかは予測がつきますし

積み重ねたものが増えることがあっても

減ることはありませんので

永続性もあるわけです

という感じで考えてみると

成功という二文字ばかりを追いかけている人より

それを追いかけていない忙しい人の方が

視野も広く成功に近く

勝つことを考えてばかりの人より

勝つことを考えていない人の方が

視野も広く見ることができ

結局、勝ちに近いということになるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。