所有すればするほど とらわれてしまうのです

所有すればするほど

とらわれてしまうのです

より少なく所有すれば

より自由でいられます

マザー・テレサの言葉です

マザー・テレサはカトリックですが

同じような思想が仏教にもあります

このことが何を意味するかというと

人が成熟するために登る山は

同じような山であり

成熟するにつれ見えてくる頂も

結局は同じようなものだということです

仏教の真理のひとつは

「この世の全てに本質的な主体はない」

ということを理解することです

大乗仏教では諸法無我

原始仏教では法念処などと言ったりします

ようするに「そもそもない」のですから

所有する意味もないわけです

精神的に見ると

○○でなければならないという

こだわりが多ければ多いほど

また物質的に見ても

所有物が多ければ多いほど

心配や悩みは増えるものです

それらを軽くするということは

ようするに心配や悩みからの解放を

意味するわけですから

当然、自由になっていくわけです

エゴという自我が大きければ大きいほど

人とぶつかる可能性が比例します

自我が大きい人は自分の自我の大きさも

また、他人の自我の大きさも見えませんから

同じように自我が大きい人と

関係を深めることに対して抵抗はないわけです

逆に自我が少ない人は

それだけ主張も少ないわけですから

たとえば自分から見て

相手の自我が大きいということは

判断できます

自我が大きい人といれば

主張をたくさんされてしまうので

穏やかな時間は持ちにくくなる

そうなると距離を置こうとするのが自然です

こう考えてみると

全てはあなたにちょうどいいの法則や

類は友を呼ぶの法則にあるように

自動的に自分に相応しい人と

関係を築いているわけであり

いろんな荷物が減れば減るほど

それが全てに影響を及ぼし

楽になっていくわけです

バカ道は己が愚だと知ることですが

己の愚を理解できれば

荷物など最低限あればよいのです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

全ての人が穏やかでありますように

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。