控え目であるためには その前になにかに立ち向かうことが必要です

控え目であるためには

その前になにかに立ち向かうことが必要です

オードリー・ヘップバーンの言葉です

この言葉は深い言葉だと自分は思います

精神的自立をしていなければ

本当の意味での謙虚や感謝は

産まれてこないからです

詳しくは↓↓

わたしにとって最高の勝利は ありのままで生きられるようになったこと

同じくオードリー・ヘップバーンの言葉で

いばる男の人って

ようするにまだ一流でないってこと

というのもありますが

自分の評価を自分で決めることが不安で

まわりの評価に頼ろうとしているからこそ

いい評価を得たいと思い

いばったり自慢したり、自己PRをするわけですから

自分の評価を

他人に決めてもらおうとPRしているうちは

精神的に自立ができていない

だから一流ではないということです

少し思い浮かべてみると

わかることですが

カッコいい人だなと思う人であったり

素敵な人だと思えるような人は

まわりに媚びへつらうとか

賛同してもらおうという感じで

顔色を見ながら行動するようなことは

全くやってないはずです

自分で考え・判断し生きているわけですから

むしろ坂本龍馬の言葉のように

「成すべきことは我のみぞ知る」といったような

生き方をしている人が共通項だと思います

そしてその成すべきこと、いわゆる志とは

世のために何ができるか?

ということを考えています

自分ごとはすでに済ませている

だからいばる必要はありません

だから自分に余裕があるので

世のために考えることができるし

それがカッコいいし素敵だと思えるわけです

だからといって

世のために生きることにこだわる必要はありません

それよりも感謝と謙虚さを心の中に持ち

生きていくことができるようになること

それが豊かな人生につながるわけですから

まずは人生に立ち向かい

自らの未熟と無知を知ることです

そして未熟と無知を知ることができるからこそ

本当の謙虚さを身に着けることができるようになり

本当の謙虚さを身に着けることができるからこそ

全てのことがありがたいと気づくことができ

その結果、本当の感謝を知ることができる

それができれば

どんな人生を歩くかは自由だと思うわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    「成すべきことは我のみぞ知る」
    素敵な言葉ですね。
    周りの誰が何と言おうと自分は自分。
    全ての責任を自分で負う、と言う覚悟を感じます。
    それが出来た上での”謙虚”なのですね。
    私もそうなる様日々、行動していきたいと
    思います。
    何時もありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。