敵と戦う時間は短い 自分との戦いこそが明暗を分ける

敵と戦う時間は短い

自分との戦いこそが明暗を分ける

王貞治さんの言葉です

昨日も書きましたが

闘いという部分に焦点をあてた場合

人生は他人や自分以外のものとの

闘いではなく

そのほとんどは

自分や自分が創造したものとの

闘いだと思っています

自分が創造したものの多くは思考習慣です

どれだけ才能や可能性にあふれた人でも

ダメだ無理だと思いながら行動すれば

自ら未来をつぶしてしまうようなものです

「アズイフの法則」というのを御存知でしょうか

簡単に説明すると

行動が気持ちをつくるということなのですが

例えば人前でスピーチをするときなど

自信を持ちたいときは

しばらくガッツポーズをしていると

なんだか自信がわいてくるみたいなのものや

作り笑いでも

気持ちにいい影響を与えるというのも

その一例ですが

「気持ち→行動」ではなく

「行動→気持ち」であるという考え方です

行動していれば

余計な事を考えるために集中する時間は

確実に減ります

ですが反面、いきなり行動しようとしても

サッサッという感じにはいかないものです

ですので

行動に至るまでの思考を整えることで

行動につなげていけばいいのですが

その思考は

自分が選択したり創造してきたものが

習慣化しているわけです

行動する以外で

目的地に向かうことはできません

ということは人生を決めるのは行動であり

その行動に至るための思考です

そして思考と行動を整えるには

どこかに相手が必要なわけではなく

自分の中でできることです

敵と戦う時間は短いというのは

そういう理由からだと思いますし

他人や環境などではなく

今日の言葉のように

そのほとんどは自分との戦いで

明暗を分けるのだと思うわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。