日頃からサッカーに謙虚でなければ 運さえ向いてこない

日頃からサッカーに謙虚でなければ

運さえ向いてこない

三浦知良さんの言葉です

サッカーだけに限らず

道を求めて歩く人には

常に謙虚さが必要だと思っています

何故かというと

謙虚さを失った時点で成長が止まったり

鈍くなってしまうからです

謙虚でなくなれば

おのずとチャレンジする機会も減るし

慢心してしまうと

せっかく磨き、向上できるチャンスであっても

それに気づくことも減るわけですから

道を求めて歩く人には

謙虚さは必要なものです

そしてその謙虚とは

自虐的な感じの謙虚さではなく

歩んできた道を誇りに思い

満足もしているが

さらに道を極めるため

まだ見ぬ道を歩いていきたいと感じるような

今いる場所を確認しても

まだその先に道が続いていることを

きちんと理解している謙虚さです

そのように考えてみると

人生を豊かに創造していくためには

いき過ぎた自己否定や自虐思考は

必要ではありませんが

未来志向の謙虚さは

必要なものではないかと思うわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    慢心した時点で成長はストップしてしまうと思います。
    常に自分はまだまだなんだという謙虚な気持ちが
    成長につながるような気がします。
    私もそうでありたいと常々思っています。
    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。