未だ試みずして先ず疑うものは 勇者ではない

未だ試みずして

先ず疑うものは勇者ではない

福沢諭吉さんの言葉です

行動する前から

考えて結論を出してしまう人がいます

未来が見える能力があるのなら

話は別になりますが

だいたいの人は

そのような能力は持っていないものです

やる前から結論を出してしまうということは

自分を安く見積もっていることにもなりますし

また安く見積もるからこそ

今日の言葉のように勇気も出なくなってしまい

勇者ではないということに

なるのではないでしょうか?

いざという時に行動する勇気を培うには

日々のちょっとした行動から逃げないようにし

小さな壁でも越えていく習慣

いわゆる「越えグセ」を

つけておくのもひとつの方法だと思います

それが習慣になっている人は

ようするに越えるために考えることが

習慣になっていますので

行動する前にやらない理由ではなく

どうすれば越えれるか?

という思考に反射的にシフトします

また「越えグセ」をつけることで

自分に自信が積み重なっていきますので

自分を安く見積もることも減ってくるはずです

千里の道も一歩からと言いますが

その一歩とは

チャレンジした瞬間の一歩ではなく

日々の生活の中に

一歩を踏み出すチャンスがたくさんあり

日々の生活の中で習慣にし

準備をしているからこそ

いざという時に一歩が出せるものでは

ないでしょうか?

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

全国にお伺いしています↓↓

お気軽に呼んでください

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。