楽しいから笑うのではない 笑うから楽しいのだ

楽しいから笑うのではない

笑うから楽しいのだ

ウィリアム・ジェームズの言葉です

この言葉にあるように

確かにその通りなのですが

笑えないから楽しくないと

逆に考えてしまう人もいます

この言葉をもう少し説明すると

楽しいことを見つける目線や

思考習慣を持っている人は笑顔もそれだけ多く

逆に、楽しくない方向へ

何事も考えてしまうような

思考習慣を持っている人は

可もなく不可もない出来事でも

思考ひとつでつまらなくしてしまったり

またありがたいことでも感謝できず

当たり前だというように考えてしまう

可能性があるということです

同じ出来事に遭遇しても

楽しいと考えることが習慣になっている人と

それが習慣になってない人では

その出来事の印象は変わるものですし

どちらが笑顔の多い人生を歩くかは

考えなくてもわかることです

可もなく不可もない出来事が

楽しい出来事に変わるか

可もなく不可もない出来事が

つまらない出来事に変わるか

またありがたいことが当たり前になるか

もっと言うと

当たり前を越え、もっと欲しいと思うかは

どれも出来事のせいではなく

その人の思考習慣や

感情の違いであるわけですが

わざわざつまらないことだという方向に

考えてしまう習慣は

関わる人にとって苦痛なことですし

そう考える自分も苦痛なわけです

自分が穏やかに向かう思考習慣を持てれば

そういう思考習慣で相手と付き合うわけですから

まわりも穏やかになるはずです

今が面白くないと思うのであれば

面白くないことは自分だけではなく

自分以外の人にも必ず起きている

また、面白くないことが起きたから

面白くないと考えてばかりの人もいれば

面白くないと思うのはよそうと

考えている人もいるのだということを

頭の片隅に置いておくだけでも

その後は確実に変化していくはずです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。