気持ちよい生活を作ろうと思ったら 済んだことをくよくよせぬこと めったに腹を立てぬこと いつも現在を楽しむこと とりわけ人を憎まぬこと 未来を神にまかせること

気持ちよい生活を作ろうと思ったら

済んだことをくよくよせぬこと

めったに腹を立てぬこと

いつも現在を楽しむこと

とりわけ人を憎まぬこと

未来を神にまかせること

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの言葉です

変化をなくすことは

この世の誰ひとりできません

できないものですが

多くの人は未来を心配したり

変えたくないと何かを維持する努力を

してみたりするものです

一見、そういった努力は

素晴らしいことのように感じれますし

問題もなさそうですが

そもそも変化を止めることはできないのが

人の世の常であり

変化をコントロールすることは

誰にもできないという事実があるわけですから

そういった努力だけでは

問題に抜本的に対処できていないので

いくらやっても幸せにはなれないわけです

では努力しないのか?ということではなく

努力をする前に

変化するのが世の常だということを

きちんと理解して

そのうえで努力をするわけです

変化するのが世の常とは

仏教でいう諸行無常ということですが

変化を受け入れる準備ができていないから

変化がきた時にうろたえてしまうわけです

変化するのが当たり前

それが当たり前なことですし

それがこの世の真理のひとつであるにもかかわらず

多くの人は変化を受け入れられず

過去や未来にしばられているわけです

ですが変化するのは世の常だと

きちんと理解すれば

済んだことがどう変化するかは誰にも分らないし

そのことで成長できたということに

なるかもしれないわけですから

済んだことをくよくしても仕方ないわけです

また未来を自分の思うように

コントロールすることは

同じように誰にもできないわけですから

うまくいかなかったと怒る理由が

そもそもないので

腹を立てても仕方ないわけです

また変化するのが世の常だと

心底理解できれば

今という二度とこない一瞬一瞬を

大切にしなければと思え

現在を楽しむことができるでしょうし

怒りがなければ人を憎むこともなく

今に集中することができれば

未来を神にまかせることもできます

いくら備えたとしても

人智が天を越えることなどできません

それができるのであれば

全ての災害を未然に防ぐこともできるわけです

備えること

それがよくないわけではありませんが

その前に諸行無常を理解し今を生きるわけです

全てはおかげさまであり

全てはありがとう

そしてその感覚を持ったうえで努力をする

それができなければ

天に逆らっていくら備えたとしても

全ての備えがうまくいくわけではないので

思うようにならないたびに

心を痛めてしまいます

叶わない夢を嘆き努力を否定するのではなく

叶うか叶わないかなど

人間にはコントロールはできない

また全ての努力が

報われるわけではないと理解したうえで

うまくいく可能性を上げるために

希望をもって努力をしていくことができれば

うまくいってもいかなくても

起きた出来事に翻弄されることなく

穏やかに生きていくことができるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。