永遠に生きるが如く夢を見ろ 今日死んでしまうが如く生きろ

永遠に生きるが如く夢を見ろ

今日死んでしまうが如く生きろ

ジェームズ・ディーンの言葉です

今日という1日を

いつものように惰性で生きてしまう

自分はそんなことがあります

抱えているものはあるので

ダラダラと何もしない

ということではないのですが

もっと真剣にやれば

まだパフォーマンスできると感じています

今日1日という日は2度と来ないと

頭で分かってはいても

まだまだ1日という時間に感謝が足りない

今日で命が尽きるのであれば

いつもの調子では足りないと思うはずですから

行動が伴っていない以上

知行合一ではないということに

最近、気づくことができました

君、時というものは

それぞれの人間によって

それぞれの速さで走るものなのだよ

というシェイクスピアの言葉がありますが

自分だけのために時間を使うなら

何の問題もありませんが

世の中に少しでも

何かを返していきたいとホンキで願うなら

のんびりした時間の流れに身を任せていては

いけないなと思うわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    今日この1日をどのように過ごすかで
    未来の自分が決まってしまいます。
    となれば、もっと真剣にどうやって過ごすかに
    考える必要があるかも知れません。
    たまには休む事も必要ですが、
    こと私に至っては、それ程、時間が
    残っているようには思えません。
    ですので、今出来ることを如何にこなすかを
    テーマに動いていきたいと思います。
    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。