狭い門から入りなさい 滅びに至る道は大きく かつ広く ここから入る者が多いのだから

狭い門から入りなさい

滅びに至る道は大きく、かつ広く

ここから入る者が多いのだから

命にいたる門はなんと狭く、道は細く

それを見つける者の少ないことであろう

塚本虎二さん訳 マタイ福音書7章13、14節

滅びに至る道は大きく広く

多くの人がそこに至り

命にいたる門はとても狭くて道も細く

見つける人が少ないようです

そのように考えてみると

常識やまわりの意見ばかり気にし過ぎて

多くに従うような生き方が当たり前になると

本当の道を見失ってしまったり

多くの人と同じように

滅びの道を歩いてしまうことに

なってしまうようですが

やはり私たち人間とは

安易に道を選択してしまう者が多い

愚かな生き物なのではないでしょうか

滅びの道とは

幸せを得ることができない道だと考えますが

つい私は正しいのだという

「私のはからい」を手放すことができないのが

愚かな私であると思うわけです

多くの人が愚かであるなら

その多くの人が歩く道を共に歩けば

同じ場所に到着してしまいます

私たちはまず己の愚かさに向き合い

私は間違っていないという

傲慢という「はからい」を捨てることから

まずは始めなければならないのですが

だから私はいつまでも迷ってしまうわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。