私はあなたに助言する 友よ、人を懲らしめたいという強い衝動を持つ者を信用するな 

私はあなたに助言する

友よ、人を懲らしめたいという

強い衝動を持つ者を信用するな

フリードリヒ・ニーチェの言葉です

人を懲らしめたいと思えるのは

相手より自分が正しく

優れていると思っているからです

そして自分が正しく優れている

という思考を前提にして

相手からの行動で自分が不快になった

だから相手が許せないわけです

自分が正しく優れている

という思考を前提にしていても

自分が不快にならなければ

教えてあげようと思っても

懲らしめようと思うことはないわけです

ようするに

懲らしめるという感情の裏には憎しみがあり

その憎しみの先には

自分は間違っていない

自分は正しいという思考があるわけです

そう考えてみると

自分も人間だから失敗はするとか

自分も人間だから

間違ったことをすると思えるだけで

その先にある

憎しみにつながることを防ぐことが

できるのではないでしょうか

そうすれば教えてあげようで済む話で

責めたり憎んだりしなくていいわけです

人を懲らしめたいという強い衝動を持つ人は

穏やかさの対極にいるわけですから

常に自分がつらいわけです

俺もバカ、君もバカ

みんながこんな風に考えることができれば

この世は穏やかになるものです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

全ての人が穏やかでありますように

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。