自分が勝ちたい人 他人を勝たせたい人

福山の鞆の浦にある仙酔島へ

ここには世界で55か所しかなく

日本にはここにしかないといわれる

「五色の岩」というものがある

古代の神々の声を書き留めた

インドの聖典「ヴェーダ」に

「宇宙の神秘を秘めた五色の岩に巡り会う人は

そこで、永遠なる幸福の扉を開く」

と書いてあるようだ

行きたくなった人は↓↓

仙酔島HP

IMG_0648

IMG_0650

五色の岩↑↑

帰りに「国民宿舎仙酔島」で食事

お蕎麦のセットを頼んだら

仙酔島でとれた生のひじきを

店員さんから「入れてください」と言われ

ひじきを入れると

店員さんがその上に熱くなった石を投入

なんでも五色の石を熱したものだそうで

「蓋をしてよく気を取り込んで食べてください」

とのこと

蓋をあけた後の写真がこちら↓↓

IMG_0675

竜神様や七福神様もいて

皇室もお忍びで来られるとか

宮島の厳島神社の候補地でもあったとか

いろんな伝承があるパワースポット

お近くの方もお近くじゃない方も

機会があれば、一度足をお運びください

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

人には2種類の人がいる

自分が勝ちたい人と、他人を勝たせたい人

自分は他人を勝たせたいと

思っているひとりだが

世の中では自分が勝ちたい人が多いから

まあ、変わり者だろう

自分のブランド力とか

出版セミナーがどうしたなど

ガツガツ活動している人もいて

ありがたいことに

ちょくちょくお誘いをいただくが

出版のオファーも受けているのもあるけど

そもそも自分が勝つことに興味がないので

全てお断りさせていただいている

自分の中での出版とは

こちらから企画書を出版社に持ち込んだり

お金を使ったりして自費出版するのは

少し違うと思っていて

今、活動していることの結果が

出版という形に結び付き

「書いてみませんか?」と

乞われて書くものだと思っている

だから自分のブランド力向上のために

出版にこだわったりするのは

自分的には全く興味がない

書くのが好きなら

つまらない計算を入れずに

純粋に書けばいいだけだし

実際に自分のまわりにはそんな人は多い

だから自分は本を書かない・・・

という言いわけがしたいのではなくて 笑

いずれ書きますけど

その前にやはり自分は

自分が勝ちたい人間ではなく

他人を勝たせたい人間だということ

自分が手伝ったことで何かが変わる

その実感ができることが

自分はとてもありがたいと思っている

個人ブランド力の講座も

自分はやっているが

それは自分が勝つためではなく

相手を勝たせるため

ただし相手を勝たせるには

相手が社会から応援してくれる存在にならないと

勝つことはできない

勝つとか負けるとかいう言葉は

適切じゃないけど

自分のルーツを知り

自分しかできない志をみつけ

それを世に発信し応援してもらい

その思いを応援してもらう

それが自分ブランドの原点だと思っている

自分は「俺ってスゴイだろ」より

五色の岩のように

誰かの役に立つ方が性にあっている

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

生きていく勇気や力が欲しい方に

登録していただきたいです

次のメルマガの配信は2月22日です↓↓

愛と勇気と志が集まるメルマガ

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 原田和宗 より:

    他人を勝たせる、って言う考え方は素敵ですね。
    自分も携わってくださった方々が輝く事が出来るように日々、活動して行けたら、と思います。
    何時もありがとうございます。

  2. 太田 敏子 より:

    良いと思います^ ^
    私は感覚で動くタイプで人に対して勝たせたいとか思って行動したりしていないですが、喜ばしいと思えると、直ぐに応援したくなりますし、行動します。
    気がつくと、人にも応援されて助けられてもいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。